好きな雑貨を部屋に置きたいが人目が気になる場合

雑貨のある暮らし〜小物を飾ろう〜 自分の部屋をコーディネートする際に、自分好みの雑貨を置きたくなるのは自然なことです。しかし色々な人が色々な好みを持っています。自分が素敵だと思っても、他人から見るとミスマッチだったり悪趣味だと受け取られることもあります。そうは言っても自分の部屋なので、他人に合わせる必要はないのです。それでも他人の目が気になってしまうのもまた、自然なことです。

そして自分好みの雑貨も段々と移ろっていきます。子供の頃にピンクが好きだった人が今はモノクロが好きだったり、若いころは無地が好きだった人が今は柄物が好きだったりします。部屋のコーディネートの際に、最初にピンクの無地で統一したのに、好みが変わっていってモノクロの柄物の雑貨が増えていく、ということもあります。部屋の統一感はもはやそこにはありません。ではどうすれば部屋の雰囲気を統一しながら自分の好きな雑貨を置けるのでしょうか。

方法として、雑貨置き場を固めて作ることが挙げられます。好きな雑貨を好きなだけその置き場だけに置くのです。そして、その置き場をカーテンで覆います。好みが変わっても、カーテンの中にあるので、カーテンを閉めれば多少ちぐはぐでも不快感は少ないことでしょう。他人の目も気になりません。また、雑貨を楽しみたいときはカーテンを開けておけばいいのです。